艶つや習慣プラス 首イボ皮膚科

手術の方法は4つ!首イボは皮膚科で治すもの?

 

 

できてしまった首イボをそのままにしている方いませんか?

 

その首イボはだんだんと増えてしまうので、
早めの処置が大切です!

 

 

首は人目に付くところなので、
できればキレイな肌でいたいですよね。

 

 

自宅でケアしようとなると、
3か月以上はかかってしまうので、
『今すぐ治したい!』という方は皮膚科へ通院することをオススメします!

 

 

でも皮膚科ではどのような
手術をしているのか、知らない方もいるでしょう。

 

 

どのような手術かというと、

 

 

・液体窒素
・ハサミやピンセットで切除
・炭酸ガスレーザー
・サージトロン

 

 

といった方法です!

 

それぞれについて治療の内容やメリット、デメリットをご紹介します!

 

 

 

どのような治療方法?

 

皮膚科で手術をするとなると、
4つの方法があることが分かりました。

 

 

それぞれの手術が、どのようなことをするのか説明します。

 

 

@液体窒素

 

内容:イボを凍結させてから切除
メリット:出血がない、保険で治療できる
デメリット:大きいイボだと手術できない、副作用で痒みや痛みを感じる、水疱ができる、色素沈着

 

 

 

Aハサミやピンセットで切除

 

内容:小さいイボを切る
メリット:保険で治療できる、手術がすぐ終わる
デメリット:大きいと手術できない

 

 

 

B炭酸ガスレーザー

 

内容:イボの組織を蒸散作用によって破壊し、取り除いてくれる
メリット:出血がない、色素沈着が少ない、痛みを感じない
デメリット:保険適用外

 

 

 

Cサージトロン

 

内容:高周波で手術するので、短時間でたくさんのイボを取ることができる
メリット:1か月ほどで傷跡が消える、早くキレイに治る
デメリット:保険適用外、導入しているクリニックが少ない

 

 

 

以上のような方法があります!

 

どれもメリット、デメリットがあることが分かります。

 

 

ご自身の首イボの状態を皮膚科で診てもらい、
どれがあっているか相談してから手術しましょう♪

 

 

 

他の治療法は?

 

首イボを皮膚科で治す4つの方法をご紹介しました。

 

でも、皮膚科へ行って手術するのは気が引けたり、
通院している時間がないといった方もいるでしょう。

 

 

すぐに治療したい気持ちはあるけれど、
「どうしよう?」と悩んでしまう方にオススメなのが、
首イボ専用のスキンケア商品です!

 

スキンケア商品で首イボを治すとなると、
3か月以上は必要になります。

 

 

『時間はかかってもいい!』という方であれば、
スキンケア商品で治療するのも良いでしょう♪

 

そもそも首イボは肌に古い角質が
溜まることでできてしまうものなので、

 

首イボを皮膚科で
手術したからといって再発しないなんてことはないのです!

 

なので、『イボができない状態の肌』にすることが必要になります!

 

 

首イボ専用のスキンケア商品を使い続けていて、
首イボがポロっと取れたという人もいるので、
最適な治療方法を見つけましょう♪

 

 

 

艶つや習慣プラスの公式サイト!


ホーム RSS購読 サイトマップ